フィットネスだけじゃない。FEEL CONNECTIONが目指すもの、大切にしている考え方について。

つくるのは「フィットネス」ではなく「ブランド」

運動は嫌いではない。

でも、大人になってからはやれていない。わざわざ通うほどのことではない。

— あなたもそうですか?

ならばなぜそう思っていましたか?

フィットネスっぽくない

なにか運動をしなきゃと思い、ジムに通っても続かない。黙々と泳ぐのも、一人で音楽を聞きながら走るのも、「つまらない」。

これまでのフィットネスにあった憂鬱を吹き飛ばすようなかっこよさと楽しさが、ここにはあります。

かっこいい大人が、遊ぶように体を動かせる場。

よりすてきな自分になれる場。「FEEL CONNECTION」が生み出しているのは、「FEELCYCLE」というトータルブランドです。

ダイヤを磨けるのはダイヤだけ

DJ のようにコールしながら、モデルのように振る舞うインストラクターは、お客さまにただフィットネスを教える存在ではありません。なりたい自分になるために頑張る人たちをサポートするのがインストラクターの使命。

でもそのためには、自分自身が輝き続けていなければなりません。だから、「FEELCYCLE」のインストラクターは自然体のアピアランスを心がけ、大人の余裕を感じさせるスタイルを貫いています。

お客さま一人ひとりの「more brilliant」のために、自分が「more brilliant」を目指し続ける。お客さまと同じように自分を磨き続けるからこそ、お客さまに寄り添える存在であれるのだと考えます。

フィットネス以上のブランドを

「FEELCYCLE」は、フィットネスを中心としたライフスタイルブランドとして、ほかにもアパレル事業を展開しています。アパレル事業では、素材からシルエットまでこだわったT シャツや岡山県産のデニムなど、新作を毎月発表。完売が続いています。また、私たちが考える理想の大人に嗜んでほしい映画に雑貨などのコラボレーション事業も多数手がけるほか、「LUSTER」という音楽フェス型イベントで、カルチャーも巻き込んだ新ジャンルを提案しています。今後も飲食事業や雑貨事業、海外展開など、さまざまな方面から「FEELCYCLE」を育てていきます。全国に広がる「FEELCYCLE」というプラットフォームを使って、あなたが作り上げたいものはなんですか?

理想のオトナ像

朝はフィットネスで一汗かいて、オフィスに出社。朝からバリバリ働いて、お昼は同僚や仲間と、ヘルシーなパワーランチを。もしかしたら、グラス1 杯だけ、ワインを飲んじゃうかも?午後もめいっぱい働いた後は、夜の街へ。休日は家族と車で遠出?

― あなたが描いた大人像はどんなものだったでしょうか。若かった頃描いた大人像に、少しでも近づけているか。あなたの理想とした大人にぴったりのライフスタイルを、「FEELCYCLE」は提案しています。

“FEEL” という可能性のプラットフォーム

「FEEL」 ― 体感するうえで、感性を開いていること。

「CONNECTION」 ― 開かれた扉には、新たな出会いが飛び込んできて、また新しい扉へとあなたをつないでくれる。

そんな「FEEL」&「CONNECTION」を核に、社員一人ひとり、取引先企業さま、そしてお客さまが、つながり合いながら発展していくことが、「FEEL CONNECTION」という名前に込められたメッセージです。

社員、企業さま、お客さま。みながやりたいことを実現できる場であることを目指して、「FEEL CONNECTION」は、感性の扉をめいっぱいに開けています。その中で生まれた一つひとつのサービスや商品が、また新しい「場」や「出会い」へとつながっていき、さらなる発展や成長につながっていく 

― 「FEEL」&「CONNECTION」というコンセプトの下、無限のつながりが広がっていくことを目指しています。

“ 誰かのために” は、自分のためになる

「FEEL CONNECTION」が基本に持ち、大切にしている考え方、根づいているカルチャーをご紹介します。

なにを言うか、より、なにをするか

「行動で判断する」。これが「FEEL CONNECTION」の評価の基軸となる考え方です。

「FEELCYCLE」はイベントに多業種展開など、さまざまな企画が運営されています。そこで、実際に自分の脚を運んだか。自分の舌で味わったか。耳を傾け、手触りを確認し、目の当たりにしたか。お客さまのために、仲間のために、動かした手足は、すぐには結果にならなくても、必ずリターンになりますし、そうした人には、仲間の誰もが協力を惜しみません。

もちろん、日々の集計データでは、その人の行動の結果がはっきりと見えます。日々積み重ねる頑張りを、なによりも重要視しています。

アンラッキーは受け入れる

ものごとは因果応報。これが「FEEL CONNECTION」の根底にある考えです。

間違ったことをしていなければ、必ず結果はついてくるし、ラッキーなことが舞い込んでくる。もちろん、アンラッキーなことは必ず起きます。

でもそれも試練。「そこからなにを学ぶか」「どうチャンスとして生かすか」が重要です。たとえば、「FEELCYCLE」は、データ集計システムが間に合わないままオープンしました。だからこそ、いまあるプログラムでどうお客さまを満足させられるかに集中できました。

また、2号店のオープンまで、予定の倍以上の時間が掛かりましたが、おかげでロゴを変えるなどのリブランディングが間に合いました。

自分ではどうにもできないなにかを「これもなにか意味があること」と、受け入れたとき、道は拓けると考えます。

ルールは更新していくもの

もちろん、ルールは必要。だけど、ルールは時代とともに変わるべきもの。

永遠に続くものはなにもない世の中。私たちも常に変わっていかねばなりません。

「これも良いけど、こっちのほうがもっと良い」。インストラクターやスーパーバイザーなど、スタッフからの提案で変えたルールもたくさんあります。

いまあるルールを試してみて、「やっぱり……」と思ったら、店舗ミーティングなどでぜひ提案してください。

プロフェッショナルとして

私たちは「FEELCYCLE」という、いままでにない存在を作り上げています。

まさにゼロから新しいものを作っていく組織。だから、自分たち一人ひとりが「FEELCYCLE」である、と全員が考えています。

「なにかできることはないか?」 他人ごとではそう思えません。誰も見ていなくても、自ら動いて道や方法を探っていく自律性。それがまさに、プロフェッショナルとしての仕事に対する姿勢であると考えています。

だから、できないことがあっても、失敗しても、分からないことがあってもOK。あなたに任された仕事は、自分がやりたいことでもある。だから、誰かが行き詰まっているときは、いっしょに考える ― そんなプロフェッショナルなチームが「FEEL CONNECTION」です。

飾らない自分で輝く

「FEEL CONNECTION」の合言葉は「MORE BRILLIANT」。それはもっと輝くあなたになるため。なぜそれが可能なのか。日々どんな環境の中で働いているか、ご紹介します。

人はみんな、ダイヤの原石

人は最初、サイコロみたいな六面体で生まれてくる。それが、いろんな人とぶつかり合いながら、角がどんどん削れて、しだいに丸くなっていく。

一つの丸になるということは、どこから見ても同じ「人」。自然の自分でいれば楽だし、素の自分をかっこいいと思ってもらえたら「最強」。

そんな考えの下、「FEEL CONNECTION」では、社員全員に自分をさらけ出すことを言い続けています。

「ここができていない」「それはダメだよ」本人に対して、言いにくいことでも言うこと。そして、さらけ出してくれた相手には、自分も素の自分でぶつかろう。相手の成長が自分の成長につながるから、言い合っていこう ― そんな風土が貫かれています。

創業以来の高い定着率。いまも活躍を続ける創業メンバー。それらが、居心地の良い環境の現れだと思っています。

THE FIVE ELEMENTS

「FEEL CONNECTION」が大切にしているのは、マインド、ヒューマンスキル、テクニカルスキル、コンセプチュアルスキル、ヘルスの5つ。これらのスキルを磨く場所があります。

ありのままの自分をちゃんとさらけ出す価値観の中では、私たちがもっとも大事にしている、マインドとヒューマンスキルが磨かれていきます。

なにかが飛び抜けてできなくてもいい。でも恐れずに失敗して、学ぶことができれば、なにが起きても大丈夫。

必要以上に自分を大きく見せない、自分らしい成長のために、厳しいことでも言い合うカルチャーがあります。

夢がなくても、目の前のことを楽しむ

「仕事だからやる」人と、「好きだからやる」人。もちろん後者が成長します。

しかし、「好きだからやる」人に勝てる人がいます。それは、「楽しいからやる」人。

「『FEELCYCLE』が楽しい」。だから一生懸命やる。その積み重ねは、裏切ることがありません。

たとえいま、なにか「夢」や「やりたいこと」がなかったとしても、楽しんで仕事しているうちに、やりたいことが見つかるかもしれません。

そのとき、動き出す基礎力がきっとできていますし、その気持ちを叶える環境が、あなたの周りに整っているはずです。

ファミリーとして

お客さまを導く社員にこそ、まずは輝いてほしい。「FEEL CONNECTION」がそのために実際に整えている制度などをご紹介します。

働きやすい環境のために

「FEELCYCLE」は、女性に特化したサービスではありませんが、主要なポジションのマネジメントの多くを女性が担っており、“真の女性活躍”にフォーカスしたアワード『JAPAN WOMEN AWARD 2017』にノミネートされました。

また、派遣スタッフやアルバイトだった方からの「社員になりたい」という声が多いのは、自慢かもしれません。

年齢に関係なく、希望し、結果を出している人は私たちも積極的に迎え入れています。

ほかにも男性の育児休暇も推進しており、1 年取得した男性もいます。

主要ポジションは立候補制

「実は飲食業をやりたかった」「実は海外に住みたかった」。

夢が見つかったとき、あなたの夢をサポートできる職種やフィールドがあります。

または「この役職に就きたい」 ― 大それた夢でなくても、「FEEL CONNECTION」では主な役職には全て、立候補制を採用しています。

年齢や過去の経歴関係なく、実績を出している人には、「これをしたい」を実現する環境を整えています。

スピーディーな成長と、日々広がるチャンス

「FEELCYCLE」は、早いスピードで店舗数を拡大しています。

それに合わせて、アパレル事業では毎月新作を発表しているほか、飲食事業を含めたほかの新規事業や、さまざまなイベントも、店舗拡大に合わせたペースで展開していきます。

だから、チャンスは日々広がっています。

すでにいまでも、入社半年で副店長に就任した人、新卒入社後、1年で「LUSTER」という一大イベントのインストラクターに抜擢された人も。

日々のデータ集計などから、あなたの頑張りは必ず見えています。急成長できる環境と機会があります。

Copylight © FEEL CONNECTION. All Rights Reserved.